NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


今日は不動産屋の国家資格「宅地建物取引士」について
ご説明したいと思います。


「宅建」という言葉は一度は聞いたことがあるかもしれませんが、
具体的に何ができる人か?というのはあまり知られていないと思います。


宅建士は主に3つの独占業務(宅建士にしかできない業務)があります。


・重要事項説明書の説明
・重要事項説明書への記名押印
・契約書面への記名押印


また、不動産屋は1店舗につき5人に1人の割合で宅建士を在籍させないとダメです。


例えば案内をしてもらった営業マンが宅建士じゃないとすると、
その人から契約をするときは、宅建資格を持っている別の人が上記の業務を行います。


でも、宅建を持っていない人でも重説や契約書は「作成すること」ができますし、
契約書の説明は誰でもできます(笑)


逆に言えば、お客様から見たら「それだけの違いか」くらいに思った人もいると思いますし、
宅建の有無で知識量は測れません。(個人的には自分が相談しやすい人と取引をするのが一番良いと思います)


なので、一概にこの資格を持ってないから不安、持ってるから安心というわけではないです。


宅建は人気資格で学生や不動産業に従事していない人も取得している人が多数いますが、
正直、実務と試験は全く別物だと感じておりますので、たま~に宅建持ってる人が不動産屋に
理論武装をかまそうとしてきますが、恥ずかしいだけなのでご注意ください(笑)


ちなみに愛和住販の営業スタッフは全員宅建士で知識もありますので
お任せ下さい(笑)