🗐 愛和住販公式ブログ 愛和住販スタッフによる色々ブログ

愛和住販のスタッフが不動産のことから不動産じゃない事まで自由に書いているブログです。

2021年03月の投稿(時系列順)[7件]

2021年03月05日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


今日は不動産屋の国家資格「宅地建物取引士」について
ご説明したいと思います。


「宅建」という言葉は一度は聞いたことがあるかもしれませんが、
具体的に何ができる人か?というのはあまり知られていないと思います。


宅建士は主に3つの独占業務(宅建士にしかできない業務)があります。


・重要事項説明書の説明
・重要事項説明書への記名押印
・契約書面への記名押印


また、不動産屋は1店舗につき5人に1人の割合で宅建士を在籍させないとダメです。


例えば案内をしてもらった営業マンが宅建士じゃないとすると、
その人から契約をするときは、宅建資格を持っている別の人が上記の業務を行います。


でも、宅建を持っていない人でも重説や契約書は「作成すること」ができますし、
契約書の説明は誰でもできます(笑)


逆に言えば、お客様から見たら「それだけの違いか」くらいに思った人もいると思いますし、
宅建の有無で知識量は測れません。(個人的には自分が相談しやすい人と取引をするのが一番良いと思います)


なので、一概にこの資格を持ってないから不安、持ってるから安心というわけではないです。


宅建は人気資格で学生や不動産業に従事していない人も取得している人が多数いますが、
正直、実務と試験は全く別物だと感じておりますので、たま~に宅建持ってる人が不動産屋に
理論武装をかまそうとしてきますが、恥ずかしいだけなのでご注意ください(笑)


ちなみに愛和住販の営業スタッフは全員宅建士で知識もありますので
お任せ下さい(笑)

2021年03月11日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


今日は千葉県まで片道2.5時間かけて中古物件の買取査定に行ってきました。


建物は私がこれまで見た中でも、一番の「豪邸」でしたが、
物件の所在地と所在地に対する豪華さが見合っていないので、
なかなか難しいかなという感じでした。


おかげさまで色々と買取案件を見させて頂いていますが、
まだまだ買取案件を大募集中です!!


買取のご相談があれば、どこでも足を運ばせて頂きます(笑)
もちろん無料ですので、相続などで取得した不動産などの買取相談は
お気軽に愛和住販にお問い合わせ下さい!!

2021年03月14日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


今日は新築物件購入時の「坪単価」について書いていきたいと思います。


新築物件のご案内や現地販売会にご来場される方からたまに
「ここら辺って土地の坪単価いくらなの?」と聞かれることがあります。


一応、ご回答はさせて頂いてますが、付け加えて
「家を買うのと坪単価の関連性はそこまでない」こともお伝えしています。



理由は大きくわけると、

・その物件が値下げされれば坪単価は変わるから

・土地の形状、前面道路の種類、道路幅員などで変わるから

・土地が大きければ坪単価は安く、小さければ高くなるから

・損得で買うか買わないか決める訳ではないから

です(笑)


新築物件で、「値下げになりました!」などの広告を見る機会が
あると思いますが、例えば100万円値下げになったら、その分土地代や上物代を
安くするということになりますので、結局は後から値付けになっているのと同じですよね。


そうすると、坪単価なんてアテにならないですよね。


新築物件は特に値下げが顕著なので、そういったことは気にせず、
欲しいエリアに好みの間取りの物件なのか。というシンプルな目線で
見てください!


ここまで読むと、「じゃあ売却査定ってどうやってしてるの?」と
思われるかもしれませんので、また別の機会にどうやって金額を出しているのかを
書きます!

2021年03月18日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
【ブログを読んでもらえて嬉しい】
先日、買取物件のお問い合わせをいただいたお客様が
私のブログを読んでくれて、それで弊社にお問い合わせをしたと言ってくれました。
もちろん、それだけではないのでしょうけど
ブログを読んでいただけているのは嬉しいですね。
時折、お客様から「ブログを読んでますよ」って言われるのですが
そういう時はメッチャ嬉しいのです。
ブログって結構書くのが大変なんですよね。
しかも「仕事」って感じではないのでつい面倒くさくなってしまいます。
弊社のスタッフにもなるべく毎日ブログを書くようにと言っているんですけど
まぁ毎日は買いませんわな。
仕事のうちに入っていないんでしょうね。
毎日、話題もないのでしょうけど。
でも、ブログを書こうと思っていると話題を探すようになり
話題を探すようになるといつもは気が付かないことに気が付いたりもします。
私は、会社用のブログの他にプライベートなブログも二つほど運営していますので
ひとつもブログを書かない日はありません。
平均して一日3個ほどのブログに記事をあげています。
30分ほどで書き終わるブログもあれば1時間以上かかるブログもありますが、
やはりブログを続けるモチベーションは誰かが読んでくれることです。
とくに会社用のブログは趣味の事を書いているわけではないので尚更です。
お客様の「ブログ読んでいるよ」の一言がモチベーションになりますので、
今後も暇な時でいいのでぜひブログを読んでくださいね。
返信のコメントなんかもらえればサイコーです。

2021年03月21日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


本日は住宅ローンの変動金利について簡単にですがご説明します。


変動金利は固定金利と比べて金利が低くいです。
(変動金利は0.?%とかですが、固定は1.?%とかが主流です)


実際にローンを組まれる方の殆どの方は変動金利にてお借入れをしています。


じゃあデメリットは?というと「変動」なので金利が変動します。
一概には言えませんが景気が良いと上がる、悪いと下がるみたいなイメージです。


直近10年くらいで金利が上がったことはありませんが、先のことは誰も分かりません。


「てことは月々の支払いにも影響が・・・?」


これについては、一般的に年に2回金利の見直しが行われます。
そこで上がっていたとしても月々の支払い金額は「5年ごとにしか変わりません」


ただし、変動した分月々の支払いはそのままで内訳(利息と元金)の調整がされます。


そして月々のお支払いには「125%ルール」というものがあります。
例えば月10万円払っている人が5年後に金利が上がり続け、15万円分支払う計算と
なってしまっても、「125%ルール」が適用され12.5万円が上限になります。


もちろん途中で固定金利に切り替えることもできますのでご安心ください。


という借り方が変動金利です。住宅ローンのご相談はもちろん対応可能ですので、
「いくら借りれるか?」「月々の支払いはいくらまでがいいな」などのご相談は
お気軽に愛和住販までお問い合わせください!!


スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2021年03月25日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
こんにちは。


今日は建売住宅の価格変更の時期(目安)についてお話します。


建売住宅をご検討されているお客様とお話していると、
「○○物件が100万円値下げになってますね。」などと言われることがあります。


そうなんです。建売業者さんは値下げを定期的に行っています。
私は以前、都心部では、そこそこ知名度のある建売業者の営業マンとして勤務していましたので、
その時の事例を基に綴っていきます。(あくまで私の経験が基ですので、悪しからず)


価格変更のタイミングは大きく分けて4段階くらいあります。


・建物完成

・建物完成から2週間

・2週間後から更に1ヶ月後

・他の号棟が契約完了したら(多棟現場の場合)


これを売れるまで繰り返しますが、たま~にある程度値下がった時点から
一向に価格変更がされない物件もありますが、それはお察しください。(利益がほぼ0ということです)


「そんなに値下げできるほど利益が乗っている」と思われる方もいますが、
以外とそんなに儲けは出てないです。赤字だったり利益が数十万円単位ということも
ありますから。


それよりも恐れているのが、長期在庫化してしまうことです。
長期在庫化してしまうと、次の仕入れをすることができなくなったり、
他社の新しい建売に目移りされてしまうのが何よりも怖いのです。


お客様にお伝えしたいのは、
「安くなった≠ダメな物件」「値下げにも限度がある」ということです。


特に「値下げにも限度がある」という点です。「まだ安くなるんじゃないか」と
機を狙っていると、大体買えないです。今までそのような経験をされたことがある
お客様を数え切れないほど見ております。


理由は単純で、「皆そう思っている」からです。「良いかも」と思う物件があれば
まずは不動産屋に相談して下さい。値引き交渉や金額が下がるタイミングを事前に
入手できる場合がありますので。そうすればスーモなどで見るよりも早く購入するかどうか
の選択ができることになりますので。


あと、多棟現場の場合、既に購入した方が
「他の号棟がこれだけ価格下がったから私が買ったところもその分安くしてよ」
と言うケースが本当にたま~にあるみたいですが、(経験上は0)
「誰かが買ったら他が下がるもの」だと思ってください。

その分、場所を選べる権利を得ていますのでプラスに考えて良いと思います。

(最近は重説や契約書にも必ず入れる文言なので、法律的に請求ができません)



そんな感じです。愛和住販では物件の良いところも悪いところもしっかりと
ご説明をしておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい!

2021年03月28日 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
愛和住販のスタッフです。


今日は住宅ローンの事前審査について簡単にご説明します。


住宅ローンを借りる流れは大きく4つのステップがあります。

1.事前審査

2.本審査

3.銀行とのローン契約(金銭消費貸借契約)

4.決済(融資の実行)


この中で2番の本審査は実際に売買契約を締結してからじゃないと
審査ができません。


そこで1番最初は事前審査を行うことになります。
事前審査に必要な書類は、

・免許証
・保険証
・最新の源泉徴収票
・申込用紙

上記があれば5営業日くらいで審査ができます。


審査は人によって違いますので、
金利も人によって変わってきます。


事前審査で分かることは、

・借入する際の予定金利

・そもそも借入が可能かどうか

・その他借入する際の条件があれば条件


が分かります。事前審査をしておくと、
よほどのことがない限り本審査も通過できますので、
欲しい物件がでてきたときもスムーズに進めることができ、
各交渉も有利に動かすことができます。


※例えば欲しい物件に別の人からも申し込みが入った際、
事前審査を通過していれば、売主は審査済の人の方を優先する傾向が多いです。


愛和住販では事前審査のお手伝いも行っております。
もちろん無料です。


お気軽にお問い合わせ下さい~

■愛和住販公式ブログについて。

本ブログは㈱愛和住販の公式ブログですが、あまり堅苦しい話は「無し」です。愛和住販社長以下スタッフが、不動産に関係のある話から地域やイベント趣味などなど自由に書いているブログです。このブログを読んで弊社や弊社スタッフの「雰囲気」や「人となり」を少しでも感じてくれれば幸いです。

編集

■全文検索:

■ハッシュタグ:

■日付検索:

■最近の投稿:

■カレンダー:

2021年03月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最終更新日時:
2021年07月19日(月) 12時40分28秒