2020年12月05日 この範囲を新しい順で読む(愛和住販社長の投稿に限定) この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
【賃貸トラブル・更新費用】
先日ある賃貸物件に入居している方からご相談の電話をもらいました。相談の内容は「更新費用高くないですか?」ってことです。当社の管理してい物件じゃないですよ。その方が入居している賃貸マンションを管理している不動産会社さんの件です。そのお部屋は家賃が25,000円らしいのですが今回更新時期になっていて管理している不動産会社から10万円以上の更新費用の請求がきたそうです。そもそも更新料や更新事務手続き料に関しては法律で定められているものでなく、個々の契約に付随している特約です。ですから他者様の請求額を「高いとか安いい」とかは言えません・・・がぶっちゃけいっちゃうと「高杉さん」です。ただ決まりも無ければ相場もないので「高すぎだろ」ってクレーム入れた所で「じゃぁ退去してください」っていわれますけどね。内訳の全てをきいてはいませんが、火災保険料が25,000円。25,000円家賃の単身者で建物も耐火構造なのにこのプランに強制加入は微妙ですね。当社なら15,000円前後のプランの火災保険ですね。そして更新料が55,000円だそうです。ちょっと計算の仕方がわかりません。更新料1か月分で事務手数料が30,000円ってことなのでしょうか。家賃を超える額の事務手数料ってボクの中では「なし」です(もちろん当社はそんな請求しませんが)さて、火災保険と更新料で8万円ほどですけどあとの30,000円以上はワカリマセン。更新なので前家賃は不要ですから敷金の追加ですかね。この方が言うには前回の更新時には今回の半分ほどの費用で済んだらしいのですが管理会社が変わって今回は倍以上になったとか。であるならば前回更新の契約書に書かれている金額でイイと思います。管理会社が変わった時に契約書を結びなおしていないなら、今回の更新は前回の更新契約に基づきますので前回の契約で決められた金額でいいでしょうね。それ以上請求されてもそれは契約違反ですからね。ただ25,000円の家賃で更新費用に10万円以上かかるならいっそのこと新しい部屋に引っ越した方がいいと思いますけどね。だってここにいたらまた2年後10万円以上更新にお金がかかるわけでしょ?だったら引っ越し代は多少かかっても引っ越した方がいいとボクは思いますね。賃貸管理の依頼をもらっていないボクが言うのは何ですが(大家さん!弊社にも賃貸管理やらせてください笑)やっぱり「高杉さん」だと思いますね。

2020年12月11日 この範囲を新しい順で読む(愛和住販社長の投稿に限定) この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
【不動産買取り物語】
先月、買取査定をさせていただいた川越市内の土地ですが少し話が前に進みそうになってきました。
調整区域内の都市計画法34条12号の土地です。通称12号と呼ばれている区域内の土地で、自己居住用の住宅を建築することは可能なのですが建築できるの人が限られていて全ての人が建築できるわけはない土地です。
当然その分近隣の相場より安い販売になりますので条件を満たす人にとっては悪くない土地です。
ただそのような土地ですから買い取り資金の融資をしてくれる金融機関も限られていますので現在弊社の取引のある金融機関さんと交渉中です。
そのあたりがクリアされれば買取契約を締結できるのですが・・12号の土地とは言え買取りできれば嬉しいなと思っています。
買取契約締結できたらまたブログでお知らせしますね。

不動産の買い取り・売却は愛和住販にお任せください!

2020年12月18日 この範囲を新しい順で読む(愛和住販社長の投稿に限定) この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
【不動産の売却のお話】
買い替えや相続など不動産の売却をを検討している人もいらっしゃると思いますが今日は不動産を売却をする場合の基本的な二つの方法のお話です。
不動産を売却する方法としては大きく分けて【仲介販売】と【買い取り販売】があります。

【仲介販売】は不動産会社に売却を依頼して市場に情報を出して購入希望者を探す。という方法で中古物件などは8割方は【仲介販売】の物件です。買主さんは業者ではなく一般ユーザーさんがメインになります。
メリットは当然ながら買い取りよりも高い金額で売れるということです。ある意味それが唯一のメリットですね。「高く売れる」以外のメリットはありませんが「高く売れる」るのは最高のメリットですね。
デメリットしては、相手が一般ユーザーさんですから「いつ売れるか分からない」いつ売れるか分からないというのが買い替えとか早めに現金化にしたい場合は厳しいですよね。それと「色々と面倒なことが多い」家が実際に売れるまでは色々な人が家の中を見に来るのでその度に在宅していないといけないし掃除もしなきゃ(笑)また買主さんが一般ユーザーですから契約時に細かく取り決めをしなきゃいけない。あとは「隣近所に売却しているのがバレる」これは別に大したデメリットではないですけど、中には変な噂を流すご近所さんもいたりすると気分が悪いです。それでも「高く売れる」のは嬉しいですけどね。

【買い取り】はメリット・デメリットは仲介販売の真逆です。デメリットは仲介販売と比べると安くなってまうことです。買い取りの場合は再販売が目的ですから一般ユーザーに売る値段で買い取るわけにはいきませんので。メリットは、すぐに現金化ができる。一般ユーザーに売るときと比べて面倒なことがあまりない。瑕疵担保も免責にできる場合も多々ある。なんなら誰にも知られず売却できる。といったところです。

そんなわけで、お手持ちの不動産の売却を検討中のお客様がいらっしゃったら愛和住販へ一度ご相談ください。
「仲介販売」も「買い取り」もどちらでも対応いたします。
もちろん査定も無料です。