🗐 愛和住販公式ブログ 愛和住販スタッフによる色々ブログ

愛和住販のスタッフが不動産のことから不動産じゃない事まで自由に書いているブログです。

時系列順[64件]

2020年11月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
新しく作った本サイトに物件登録やら何やら作業をしてきて徐々に出来上がってきました。ボクも会社設立からホームページは何度も作り変えてきましたが昨年一度、物件検索サイトは全て閉鎖したんですよね。というのもどこの不動産会社も同じような物件を掲載して同じようなホームページで面白くないじゃないですか。なので物件掲載は大手の物件検索サイトに掲載して自社のホームページはブログを中心としたコーポレートサイトだけの運用にしました。が、お客様やスタッフから「物件検索サイト」をやはり作って欲しいと言われ。まぁ不動産屋なんだから物件掲載しているサイトもないとやっぱりダメかぁと思ってこのサイトを作りました。ただ思うのは、売買にしても賃貸にしても仲介であればお客様はよほどの悪徳業者以外であればどこの不動産会社で契約しても同じなんですよね。だとするとどの不動産会社で契約するか?という話じゃないですか。例えば友達が不動産会社だったらその友達の会社で契約する人が多いですよね?(例外もありますが)それってなんでそうするのかと言えばその人の事を「知っているから」だと思うんですよ。なのでこのサイトのメインは物件検索ですけど、やはりボクを含めスタッフの事とか知ってもらいたい。という気持ちが強いんです。といってもいきなりボクと飲みにいったりマリンスタジアムに行ったりは無理ですから、先ずはブログとかで知ってもらえればなぁって思っています。ボクを含め愛和住販スタッフのブログが読める「愛和住販コーポレートサイト」(http://www.aiwa-j.com/)も合わせて見てくれると嬉しいです。もちろん本ブログににもこれからたくさんの事を書いていく予定ですから今後もよろしくお願いいたします。先ずはご挨拶とさせていただきます。
20201106110909-aiwaboss.jpg
Icon of aiwaboss
【愛和住販の紹介】
これからブログの記事を書いていきますが、まずは最初なので今日は弊社・愛和住販の紹介をさせてもらいます。弊社の設立は2007年(平成19年)12月10日です。それから不動産業の免許がおりるまで待って営業を開始したのは翌2008年2月5日です。奇しくもボクの子供の誕生日と同じ日に免許がありてきたんですよ。会社設立の前は会社名を色々と考えましたが割とすぐに「愛和」という名前に決めました。名前の由来は、ボクの嫁と両親の名前から1文字ずつとって「愛和」にしました。「愛和」の下は「愛和ハウス」「愛和住宅」「愛和不動産」などなどいくつか候補があったのですが、義母が占い師さんにみてもらったところ「住販」が一番いいといわれたらしくその意見を取り入れました。ボクは占いとか信じない方なんですけど義母が占ってもらった気持ちを汲んで「住販」にしました(変な宗教とかではないですよ)そんな感じで「愛和住販」という会社を設立したわけです。一番最初の店舗は東武東上線の鶴ヶ島駅東口の駅前のたった5坪の場所でした。かなり狭かったですよ。カウンターしかないお店でしたね。そこで約8年営業していましたが2015年(平成27年)に現在の坂戸市に移転しました。鶴ヶ島の店舗は駅前だから仕方ないのですがやたらと家賃が高かったんですよ。家賃だけじゃなくて周囲に借りている駐車場もやっぱり高い。かといってまた賃貸に移転するのもバカらしいのでずっと「どこかに会社に使えるような物件がないかなぁ」ってずっと思っていたところ現在の坂戸市の物件を購入できることになって2015年に移転してきたわけです。なので現在の坂戸市の店舗は一応「自社ビル」です。まだ借金が残っているので「一応」ですが鶴ヶ島の店舗の家賃以下で広さは5倍ですし賃貸と違って資産として残るので「悪くないだろう」(ペコパ風)と思ってます。坂戸に移転するにあたり川越にも支店を出しましたが、こちらの方は2019年で閉鎖して坂戸店1店舗に統合しました。川越と坂戸では不動産業的には商圏はだた被りですし、坂戸と川越に2店舗あってもあまりコストパフォーマンスが良くないので統合してよかったと思ってます。開業以来、不動産の売買と賃貸の仲介や買い取り、リフォームや賃貸管理などをささやかにやっています。現在14期目になりました。そんな感じの愛和住販を今後もよろしくお願いします。

Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。

新たなホームページが始まりましたので少し私のご紹介を・・・

アラフィフ男子で不動産業会歴は気付けば通算15年以上。元気だった若かりし頃は建設・造園関係の職人さんも経験しました・・・良い想い出です(笑)。

宅地建物取引士の資格のほか、造園施工管理技士やFP・住環境コーディネーター、移動式クレーンなんかの資格も所持したりしてます。

川越出身の坂戸育ち。現在も坂戸市に住んでいますので坂戸周辺の物件についてはお任せ下さい。

最近のマイブームは釣りとキャンプ。

遊びの様子はブログにUPしてますので是非ご覧ください。


↓↓↓「愛和住販店長の釣りとかキャンプとか」ブログはコチラから↓↓↓
https://aiwakaz.blog.jp/


フランクな性格ですのでお気軽にお問合せ下さいね。
NO IMAGE
こんにちは。愛和住販の営業スタッフのカンノです。
本日は私の自己紹介をさせて頂きます。


【出身とざっくりとした経歴】
川越市生まれ、鶴ヶ島育ちのアラサー独身(男)です。
不動産業界歴は5年(宅建持ってます)、以前は財閥系不動産会社、大手建売会社で勤務していました。
愛和住販に入社するまでは、さいたま市や都内のエリアで不動産営業をしていました。


よくある「しつこい営業」は自分自身がされると嫌なのでしていません!
今までのお客様からは「何でも話しやすい」と仰って頂くことが多いので、
そこが長所なのかもしれません(笑)


【プライベート】
趣味はベースを弾くこと、読書、ゲームなどインドア派なので、
友人に連れていかれる以外は遠くに出かけません(笑)


好きな食べ物は焼肉、すし、みかん、グミです。


自己紹介って難しいです・・・

とにかく!いつでもお気軽にお問い合わせ下さい!(笑)
Icon of aiwaboss
【自己紹介】

前回は会社の紹介をしましたので今回はボクの簡単な自己紹介をします。1963年に旧大井町(現ふじみ野市)に生まれその後、川越市~鶴ヶ島市~坂戸市と移り住み現在は川越市に在住です。川越市と言っても最寄り駅は東上線の鶴ヶ島駅なので川越の外れなんですけどね。猫6人と妻一人の家族構成です。好きなのは「千葉ロッテマリーンズ」です。埼玉生まれの埼玉育ちのくせにマリーンズ好きでファン歴は今年で47年になります。ライオンズが埼玉に来る前から、そしてロッテが千葉に行く前からのファンなのです。野球のオフシーズンは昔は、ゴルフしたりスノボーしたりしてましたが寄る年波には勝てずここ数年はゴルフもスノボーもしてないですね。それとネコ好きです。犬も好きなんですけど、どちらかと言えば断然「猫派」です。お酒はまぁ飲みますが自宅で晩酌はしないタイプです。なぜならプロ野球シーズン中は、ほぼ毎晩マリーンズ戦をみているので飲酒どころではないからです(笑)外では飲むしカラオケもします。ちなみに、プロ野球パリーグ6球団すべての応援歌も歌えます、( ー`дー´)キリッ (セリーグは闘魂込めてと六甲おろしは歌えます)さて、一応愛和住販の社長をしていますが、自己分析すると社長タイプではないです。それほど独立心も無かったし余り物欲とか金欲とか性欲とかないんですよ。(性欲は関係ないやろ)AB型なので淡泊なんです。一番大きい欲望は「睡眠欲」です。前世は猫だったと思うくらい良く寝ます。社長たるもの多少の欲がないといけないと成功している社長さんを見てると思うのですがこればかりは性格なんで仕方ないです。ただ若いころから仕事は好きでしたよ。不動産という仕事が好きというか向いているというかそんな感じで30年以上も不動産業界で生きてます。なんだかまとまりのない話になっちゃいましたが自己紹介はこんな感じです。あとは今後当ブログとかボクの書いている他のブログとかを読んでもらえればなんとなく分かってもらえるんじゃないかと思いますので、今後もよろしくお願いします。 
ここからブログを読んでね▶ http://www.aiwa-j.com/
NO IMAGE
こんにちは。


愛和住販のホームページからこのブログをご覧頂き、ありがとうございます。
このブログを見てくださる方には本当に感謝しています。


何故かというと、不動産会社は全国で約12万会社あるんです。(店舗数でいうと30万店舗くらいあります)


これはコンビニの2倍以上の数字なんですね。


そんな星の数ほどある不動産屋さんの中から、愛和住販を選んでお取引して頂いたお客様には感謝しかありませんが、
このブログを見つけてもらったことにも感謝ですね。


「感謝感謝」言ってるとラッパーかカルト風な匂いがしますので、この辺でやめますが、
愛和住販のブログやホームページをご覧頂いている皆様のお手伝いができることを願っております!!


お気軽にお問い合わせ下さいね!


それでは(*^-^*)
Icon of aiwaboss
【監督業と社長業】
昨日城西大学野球部の村上監督が賃貸物件の件で来店され少し話をしました。この春に弊社で賃貸物件のご契約をいただいて知りあい「首都大学」リーグでは城西大学を応援していました。
【城西大学野球部、応援します!▶http://aiwaboss.blog.jp/archives/2486147...
今年はコロナの影響で大学野球も秋季リーグだけでしたが見事2部ですが優勝しました。来年も全国から有望な高校生が入学してくるとのことで城西大も強くなりそうな予感がします。まずは1部昇格が当面の目標ですね。さて、全国から高校生の選手を集められるのはやはり村上監督の力が大きいと思います。村上監督については上記リンクのブログに書いてありますが、野球の監督ってプロでもそうですがスタメンを決めたら試合中にそれほど仕事はないと思うんですよ。采配と言っても、代打や投手の継投などサインを出す場面って何回もあるわけじゃないですよね。となるとアマ野球の監督の力って「どれだけ有望な選手を集めて来れられるか」だとボクは思っています。そういう点では村上監督は城西大学を強くしてくれると思ってます。さて、社長業も監督業と似ています。社長業って何だろうと時々思うんですけど、「仕事を創る」ということだと思います。その作った仕事をするのが選手である社員ですね。一言で「仕事を創る」といってもなかなか多岐にわたり難しいですがそれを創らないと会社が存続しません。社長業もなかなか難儀です。
NO IMAGE
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


コロナに始まった2020年…ふと思えば今年もあとわずかとなりました。


少し早い気がしますが、来年のカレンダー配りをぼちぼちと初めていたりします。


先日、吉見町在住のお客様にカレンダーを渡しにお立ち寄りしたところ、思わぬ返礼品を頂きました!


「ファットウッド」と「火打石」
※画像参照


なにそれ?


と思う人もいますよね(汗)。


まあ簡単にいえばキャンプ道具というか焚火を楽しむアイテムです(笑)。


そしてキャンプが好きな方はご存知かと思いますが、この自然の「ファットウッド」を採取するのがなかなか困難を極めます。


そんな価値のある天然「ファットウッド」を頂けるなんて営業冥利に尽きるというものです。


そんな関係を築けるお客様・・・募集中で御座います(笑)。


是非お気軽にお問合せ下さい。

20201122173627-admin.jpg

2020年12月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
こんにちは。愛和住販のスタッフです。


先日ご案内させて頂いたお客様にお話をお伺いしていると、
ネットで諸費用などがいくらかかるか等は大体把握しているとのことでした。


当然、私も諸費用についてご説明させて頂きましたが、お客様が想定していた諸費用の中には
住宅ローンの保証料(これは無くても問題ないですが)やオプション工事(網戸など)の費用などは
含まれておりませんでした。


ネットで何でも調べればでるのですが、結局はケースバイケースですので、
あくまでも「目安」として頭に入れて頂いて不動産屋さんに相談した方が良いです。


まれに、「私は諸費用なども全て把握しているし、不動産屋はしつこいから案内されたくない」
という人が現地販売会などにお越し頂くことがありますが、仲良くなってお話をお伺いすると、
大体の人が勘違いしています。


私もゆとり世代なので、欲しい物とそれにかかわる諸費用などはネットで調べますが、
例えば車などの高価なものを買う時は、知り合いの車屋さんだったりに聞いています。


不動産も高い買い物ですので、信頼できそうな不動産屋さんに相談をした方が、
お客様にあったご提案やお客様のケースに対しての諸費用計算をしてもらえますのでオススメです。


愛和住販は私含め、営業スタッフ全員が宅建士なのと、ガツガツとしたしつこい営業をしないので
「不動産屋からの意見を聞きたい」というざっくりなご相談でも随時受け付けておりますので、
是非、お気軽にお問い合わせを頂ければと思います。






Icon of aiwaboss
【賃貸トラブル・更新費用】
先日ある賃貸物件に入居している方からご相談の電話をもらいました。相談の内容は「更新費用高くないですか?」ってことです。当社の管理してい物件じゃないですよ。その方が入居している賃貸マンションを管理している不動産会社さんの件です。そのお部屋は家賃が25,000円らしいのですが今回更新時期になっていて管理している不動産会社から10万円以上の更新費用の請求がきたそうです。そもそも更新料や更新事務手続き料に関しては法律で定められているものでなく、個々の契約に付随している特約です。ですから他者様の請求額を「高いとか安いい」とかは言えません・・・がぶっちゃけいっちゃうと「高杉さん」です。ただ決まりも無ければ相場もないので「高すぎだろ」ってクレーム入れた所で「じゃぁ退去してください」っていわれますけどね。内訳の全てをきいてはいませんが、火災保険料が25,000円。25,000円家賃の単身者で建物も耐火構造なのにこのプランに強制加入は微妙ですね。当社なら15,000円前後のプランの火災保険ですね。そして更新料が55,000円だそうです。ちょっと計算の仕方がわかりません。更新料1か月分で事務手数料が30,000円ってことなのでしょうか。家賃を超える額の事務手数料ってボクの中では「なし」です(もちろん当社はそんな請求しませんが)さて、火災保険と更新料で8万円ほどですけどあとの30,000円以上はワカリマセン。更新なので前家賃は不要ですから敷金の追加ですかね。この方が言うには前回の更新時には今回の半分ほどの費用で済んだらしいのですが管理会社が変わって今回は倍以上になったとか。であるならば前回更新の契約書に書かれている金額でイイと思います。管理会社が変わった時に契約書を結びなおしていないなら、今回の更新は前回の更新契約に基づきますので前回の契約で決められた金額でいいでしょうね。それ以上請求されてもそれは契約違反ですからね。ただ25,000円の家賃で更新費用に10万円以上かかるならいっそのこと新しい部屋に引っ越した方がいいと思いますけどね。だってここにいたらまた2年後10万円以上更新にお金がかかるわけでしょ?だったら引っ越し代は多少かかっても引っ越した方がいいとボクは思いますね。賃貸管理の依頼をもらっていないボクが言うのは何ですが(大家さん!弊社にも賃貸管理やらせてください笑)やっぱり「高杉さん」だと思いますね。
NO IMAGE
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


もう何年前の事でしょうか・・・新築の建売物件から防水パン(洗濯パン)がなくなったのは。


賃貸住宅では下階への水漏れリスクを減らすために防水パンが装備されている場合が多いようですが、新築の戸建住宅ではほとんど見なくなりましたね。



賃貸アパートに住んでいる頃は、防水パンに溜まったホコリを掃除するのにも重労働でした(汗)。


一戸建てに住んでからは洗濯機は床に直置き。


年末の防水パン掃除・・・そんな重労働から解放されるかなとも思いましたが甘かった(笑)。


直置きにしても、やっぱり洗濯機周りにはホコリやゴミが溜まるものですね。



防水パン使用時と比べると楽な掃除になりますが、あの重い洗濯機をズルズルと動かすことが出来るのもあと何年か(体力的に)。


と考えていたところに「洗濯機置台」なるものをAmazonで発見。


しかも多種多様なバリエーションが販売されているではないですか。


高さ調整が可能だったり、振動を抑えてくれたり・・・なんとキャスター付きの物も!


洗濯機にキャスター!


素晴らしいじゃないですか!


これで年末のお掃除もしかり、洗濯機の下に転がり落ちてしまった洗剤のフタも楽に拾うことが出来ます。


あと洗濯機の裏に落ちて諦めていた靴下も楽に拾えますね(笑)。



年末の大掃除に洗濯機周りをキレイにしたい方・・・ご一考してみては如何でしょう。











NO IMAGE
閲覧頂き、ありがとうございます。


本日、政府が来年度の固定資産税を増やさない方針を発表しました。


固定資産税は周辺環境によっても左右されるため、周辺が利便性の良い地域になったり、
対象地の地目(カンタンに言うと使い方)の変更によっても増減があります。


土地の評価が上がり、税額が増えることを予定していた土地では上がることはなく据え置き、
税額が減ることを予定していた土地は予定通り減税になるとのことです。


コロナウイルス禍中で、年末の今頃になってこのような発表をされても「当然でしょ」と思ってしまいましたが、
正式に発表があって良かったです。


不動産売買に関する減税や控除は意外と色々とありますが、「いつまでに取得した物件が対象」
などの期限が決められている場合があります。


コロナウイルスによる更なる景気悪化が予想されるため、減税等の期間なども
延長する可能性が高いかなと個人的には思っていますが、随時動向はチェックしておく必要がありそうですね。


ご自身のご購入時やご売却時の税金関係などにご不明点がある方は、お近くの税務署に
ご相談を頂くと正確な情報が把握できるためオススメです。


不動産の売却や購入に関してのご相談は愛和住販がオススメです。(笑)
スタッフ一同、お問い合わせを心よりお待ちしております。

Icon of aiwaboss
【不動産買取り物語】
先月、買取査定をさせていただいた川越市内の土地ですが少し話が前に進みそうになってきました。
調整区域内の都市計画法34条12号の土地です。通称12号と呼ばれている区域内の土地で、自己居住用の住宅を建築することは可能なのですが建築できるの人が限られていて全ての人が建築できるわけはない土地です。
当然その分近隣の相場より安い販売になりますので条件を満たす人にとっては悪くない土地です。
ただそのような土地ですから買い取り資金の融資をしてくれる金融機関も限られていますので現在弊社の取引のある金融機関さんと交渉中です。
そのあたりがクリアされれば買取契約を締結できるのですが・・12号の土地とは言え買取りできれば嬉しいなと思っています。
買取契約締結できたらまたブログでお知らせしますね。

不動産の買い取り・売却は愛和住販にお任せください!
Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


毎年末、当社ではカレンダーを既存のお客様に配布しています。


先日お伺いしたお客様、6年程前に新築住宅を購入された方なのですが、近隣の同時期に完成した物件と比べるとやたらと外壁が綺麗な事に気が付きまして。


最初は外壁塗装したのか、もしくは立地の条件で風当たり方が他の建物と違うのかなと思っていましたがお伺いしたところ・・・


年に1度外壁をブラッシングしているとの事でした(驚)。


お家の外壁の洗浄・・・高圧洗浄機を利用しての洗浄かな?とも思いましたが、その方法を聞いて更に驚き。


なんとトラックの洗車用の柄が3mほどある洗浄ブラシを使って、外壁の表面をブラッシングしているらしいのです。


そしてその洗浄ブラシが物凄く有能!


柄の末端につないだホースから水を送り込み、水を流しながらゴシゴシと洗浄出来てしまうのです。


3mなので脚立を使えばほぼ壁全体を洗う事もできます。


また、ブラシ部分から流れるように水が出るので、飛び散りも少なく近隣にも優しい洗浄方法です。


そのお客様邸は来年で新築6年目になりますが、北側の壁もコケや雨だれ汚れもなくとてもキレイでしたよ。


Amazonで「トラック洗車ブラシ」で検索すると商品が出てきます。


最近流行の訪問営業にお願いすると200万円なんて言われる外壁塗装。
※当社ではもっとお安く施工できますよ!


外壁が汚れていると訪問営業の猛攻にあいますよ(笑)。


年に1度のセルフ洗浄でご自宅の外壁をキレイにしてみては如何でしょうか。
NO IMAGE
こんにちは。愛和住販スタッフです。


2020年も残すところ2週間ほどとなりましたが、
今年は本当に世界の状況が一変した一年になりましたね。


不動産業界にも、もちろん影響がありましたが、
「不動産業界」といっても、ジャンルが多岐にわたりますので一概には言えませんが、
1番痛手を受けているのは、東京都のオフィス街や繁華街などの賃貸仲介や管理を
主軸に置いている不動産屋さんかなと個人的には思います。


12月9日時点で、「東京のオフィス空室率は6か月連続上昇」という記事がありました。
確かに、弊社にご相談頂いた法人様でも「東京で借りる必要がなくなったから、こっちで物件はないか?」
というご依頼を私だけでも3件は依頼されました。


また、都心に住まわれている個人の方も、「在宅勤務がこれからも増える方針になり、埼玉で探している」
といったお客様からも複数名様ご相談を頂きました。


私だけでもこれだけのご相談を伺っているとなると、東京都の空オフィス問題はとても深刻だと考えざるを得ません。
オフィス以外にも飲食店などの空店舗もこれから更に増えていく可能性が高いです。


2021年はどんな年になるのか、想像がつかない年末になってしまいましたが、
現時点でお客様にご依頼を頂けているだけでも幸せだと思い、お客様1人1人に全力で親身になってご対応していければと
改めて思いました。


愛和住販では、売買・賃貸の仲介以外にも、不動産買取、リフォームも行っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい!


※不動産買取は査定金額強化中です。リフォームは定価から30%OFFにて行っております。
もちろんご相談は全て無料ですので、どうぞお気軽に!

Icon of aiwaboss
【不動産の売却のお話】
買い替えや相続など不動産の売却をを検討している人もいらっしゃると思いますが今日は不動産を売却をする場合の基本的な二つの方法のお話です。
不動産を売却する方法としては大きく分けて【仲介販売】と【買い取り販売】があります。

【仲介販売】は不動産会社に売却を依頼して市場に情報を出して購入希望者を探す。という方法で中古物件などは8割方は【仲介販売】の物件です。買主さんは業者ではなく一般ユーザーさんがメインになります。
メリットは当然ながら買い取りよりも高い金額で売れるということです。ある意味それが唯一のメリットですね。「高く売れる」以外のメリットはありませんが「高く売れる」るのは最高のメリットですね。
デメリットしては、相手が一般ユーザーさんですから「いつ売れるか分からない」いつ売れるか分からないというのが買い替えとか早めに現金化にしたい場合は厳しいですよね。それと「色々と面倒なことが多い」家が実際に売れるまでは色々な人が家の中を見に来るのでその度に在宅していないといけないし掃除もしなきゃ(笑)また買主さんが一般ユーザーですから契約時に細かく取り決めをしなきゃいけない。あとは「隣近所に売却しているのがバレる」これは別に大したデメリットではないですけど、中には変な噂を流すご近所さんもいたりすると気分が悪いです。それでも「高く売れる」のは嬉しいですけどね。

【買い取り】はメリット・デメリットは仲介販売の真逆です。デメリットは仲介販売と比べると安くなってまうことです。買い取りの場合は再販売が目的ですから一般ユーザーに売る値段で買い取るわけにはいきませんので。メリットは、すぐに現金化ができる。一般ユーザーに売るときと比べて面倒なことがあまりない。瑕疵担保も免責にできる場合も多々ある。なんなら誰にも知られず売却できる。といったところです。

そんなわけで、お手持ちの不動産の売却を検討中のお客様がいらっしゃったら愛和住販へ一度ご相談ください。
「仲介販売」も「買い取り」もどちらでも対応いたします。
もちろん査定も無料です。
Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


突然ですが世界の平均初婚年齢ランキングって知ってます?


晩婚化が年々上がっていると言われている日本は世界ランキングで見ると何位くらいだと思います?


じつは意外に低く、世界ランキングでいうと26位ほどらしいです。これは先進国の中では低い(年齢)そうです。


ちなみに日本の初婚平均年齢は男子で約31歳、女子で約29歳となります。


ランキングTOPのスウェーデンですと男子で約36歳、女子で約33歳なので4~5歳ほど若いのが分かります。


ベスト10にはヨーロッパの国が名を連ねていますが、女性の初回進出が極当たり前の国柄なので初婚年齢が高いのも納得です。
※(入籍していない)事実婚の数が多いらしいです。


さてさて世界からしてみれば大したことない感じですが、晩婚&少子化の波は多少の事では収まりそうもありませんね。


新築の不動産(初マイホーム)を探しに訪れるお客様の年齢も30代・40代と増えてきている気がします。


ただし・・・40歳を過ぎたあたりから住宅ローンを・・・なんて考えている方はご注意下さい。


住宅ローンには年齢の上限があります。


一般的に70歳まで住宅ローンの申し込みは可能ですが、問題は返済年齢です。


最終返済時の年齢が80歳未満(金融機関による)が条件になりますので、44歳を過ぎた頃から35年ローンというのが不可能になってきます。


返済期間34年、33年・・・30年と減っていくと月々の返済額も跳ね上がってきます。


また住宅ローン審査も少し厳しくなる傾向があったりしますので要注意です。


はたまた、体調の都合で加入必須(フラット35の除く)の団体信用生命保険に加入出来ないなんて場合も考えられます。
(年齢に関係なく持病で加入出来ない人とか結構います。)


そうなるとマイホームの夢も・・・(汗)。


40代ともなると若い時期に比べ慎重になるとも思いますが、マイホームをお考えの方は慎重かつ迅速に行動を起こしましょう。


アラフィフ店長でした。


ではでは
NO IMAGE
こんにちは。愛和住販スタッフです。


今日は私が思う不動産屋に物件探しをお願いするメリットとデメリットを紹介します。
最近はスーモやホームズなどの物件検索サイトで探して、問い合わせをしたり、ある程度場所や条件などを
調べた上で、フラっと現地販売会に行ってみる。といったお客様が殆どだと思います。


不動産屋に物件探しをお願いすると「しつこそう」というのが皆さんの意識的にあると思います。
ですが、全部が全部悪いことばかりではないです。


【不動産屋に頼むメリット】
1.窓口が1つで済むため、複数社の不動産屋から大量の電話やメールが来ることを防げる。


→物件サイトからA・B・Cの物件をまとめて資料請求等をすると、
 掲載している業者が違う場合、A社B社C社から「内覧しませんか?」という趣旨の営業がかかります。



2.探しながら資金計画や現実的な相談をすることができる


→物件を同じ不動産屋と何度も見ていくことで、営業マン側もお客様のことを理解していきます。
 お客様に合いそうな物件や、資金計画などについても具体的にご提案ができます。
 毎回飛び込みで色々な不動産屋に、ご自身のことを聞かれたり話したりする手間や不快感もなくなります。



3.契約後もスムーズに引渡しまで行える


→物件探しの時点からお願いしている不動産屋なら、お客様もその営業マンの人柄を把握しているわけなので、
 契約後も同じように丁寧に仕事をしてくれるので安心感があると思います。
 
 実際、案内自体は誰でもできますし、申込~決済までの間の方が細かい調整や資料作成などで大変です。
 逆に言うと、案内の時点で「良い物件だし申込したいけど、担当者が微妙だな~」と思ったら、後々トラブルになる可能性が高いので、
 他の不動産屋に行くか、担当者を変えてもらいましょう。売買物件の9割は誰でも仲介できますから。
 


※「弊社は未公開物件も大量にありますよ^^」っていう営業マンたま~にいますけど、
世の中の9割方の物件は公開されてます。(じゃなきゃポータルサイト成り立たない)

じゃあ残りの1割を「大量にあります」って「矛盾してない?」って思うのは私だけでしょうか?



【不動産屋に頼むデメリット】
1.担当者や会社のカラーで提案の幅等が大きく変化する


→当たり前の話ですが、ゴリゴリ営業系の会社や営業マンなら契約をすぐに迫られますし、
 逆に提案などはせず、ただただ言われた物件も見せるだけの、ゆるふわ系営業マンもいます。
 どちらが良い悪いというのは、人によってとらえ方が違いますので正解不正解はありません。
 でも、「波長が合う合わない(トラブル)」が怖いから、ネットで自分で調べてる人が多いんだと思います。



デメリットは正直これくらいです。このデメリットが大きいと言えば大きいですが(笑)


愛和住販も勿論、物件探しからお手伝いさせて頂いていますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
堅苦しい雰囲気が苦手な人にオススメです(笑)
Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。

一時期は収まりつつあったと思われいたコロナウィルスが再度猛威を振るっています。
この様子ですと年末年始のお休みは外出を控える人も多いかと思います。

そんな外出自粛ムードを逆手にとって、家族総出で年末大掃除なんてどうでしょうか?



誰かにお尋ねしないと捨てられなかった物も、皆で行えばスッキリ断捨離出来るかもしれません。

また、一人で行う大掃除よりもモチベーションを保つ事が出来るものメリットですね。

多人数で作業することにより、短時間で効果が得られるの達成感もあると思います。



ただし・・・古いアルバムや想い出での物には注意。

想い出で話しが始まったり、アルバムを皆で見始めたりして・・・

まあ、それはそれで(笑)。



コロナ過で色々大変ですが、外出自粛のおかげで家族が集まるという家庭もあると思います。

家族共同作業で一致団結。

そんな年末もよろしいかと。




ではでは
Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


今年もあとわずかで終わりですね。


コロナで始まりコロナで終わったような2020年でしたが、異常気象もなかなか侮れない1年でした。


記録的な暖冬で始まり、2020年3月14日には観測史上最速のソメイヨシノの開花。
(鹿児島では逆に最遅の開花記録更新でした。)


4月13日の24時間降水量132ミリの大雨は4月としては最高記録。


5月になると気温25℃以上の夏日となった日が17日も(汗)。


7月になると急に亜熱帯地方的なスコールな梅雨ラッシュ(驚)。平年の7月降水量の4倍を超える地点もあったそうです。


8月はあの茹だるような暑さ・・・猛暑日が11日もあり、これは過去最高の日数と。坂戸市のお隣の鳩山町でもまさかの40℃超えの記録・・・アツいぞ鳩山!


一転して今年は台風が日本に上陸しなかったり・・・これは12年振りの事らしいですよ。


そしてついこの前の新潟・群馬での大雪。48時間降雪量が群馬みなかみ町で199センチ。新潟湯沢で144センチとこちらも観測史上1位となっていました。

関越道では多くの車が立ち往生となり自衛隊が出動したりと(汗)。


この異常気象の上にコロナ騒ぎですからね・・・(汗)。


コロナ過で避難生活なんて事もあり得ない話ではないですね(怖)。


個人的にも今年は手術に40肩(現在進行中)と体調が異常過ぎて・・・(笑)。


来年は良い年である事を祈るばかりですな。













2021年01月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of aiwaboss
【2021年もよろしくお願いします】

明けましておめでとうございます。昨日から今年度の営業を開始しました。
新年早々に緊急事態宣言が発表されるようで今年は年初からやや気分的にも薄暗いスタートになりましたが、
沈んでいても何も事態はかわりません。ここは気持ちだけでも前向きに明るく毎日を過ごしていくようにしています。
住宅はそんな明るい家族が集う場所です。
その場所を探すお手伝いを少しでも出来たらいいなと思っていますので、
今年も愛和住販をどうぞよろしくお願いいたします。
Icon of aiwatentyou
明けましておめでとうございます。愛和住販店長のKAZです。


年明け早々にコロナウィルスによる緊急事態宣言の発令です(汗)。
ここ数日で物凄い勢いで感染者が増えています。いやはや恐ろしい限りです。


そして・・・寒い!異常に寒いくないですか?
今朝、出勤時(9:00)の車の温度計は-3℃を表示・・・毎年こんなでしたっけ?


ニュースを見ると北陸では35年振りの大雪らしく、気象庁は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けているとのこと。
コロナ以外での外出制限・・・ビックリ。


大雪の年は決まって、お家の修理の依頼がやって来ます。(お気軽にご相談下さい!)
カーポートの決壊や雨樋の損傷が特に多いです。


カーポートや雨樋の修理は火災保険で補償される場合がありますが、
潰れたカーポートの屋根が車を壊した時は、車の修理費用は火災保険からは補償されません。


ホームセンターで購入設置したカーポートは特にご注意!
積雪5cm程でも雨を含むと重みで壊れることが多いです。


夜中でも雪下ろしが出来れば良いのですが・・・


大雪が予想されるときはカーポート下に駐車するのは控えたほうが得策ですね。


修理やリフォームのご依頼も是非、愛和住販までご連絡下さい!


NO IMAGE
こんにちは。愛和住販スタッフです。本年も宜しくお願い申し上げます。


2回目の緊急事態宣言が発令してから間もなく1週間が経過しますが、都内の会社勤務の友人達の多くは
在宅ワークに移行しています。(週1,2回の出社でそれ以外が在宅という形式が殆どですね)


在宅ワークということをしたことがない私からすると大変失礼ですが、「えっ楽じゃん!」と思ってしまいますが、
友人達いわく「在宅ワークはきつい」という意見が多いです。


ざっくりまとめると、理由は下記3点。

・賃貸住宅で家が狭く、仕事に打ち込める環境がない
・何時間単位での経過報告が必要で、逆にサボれない(普通にサボるなよwww)
・帰宅するという概念がないため、実質無限に仕事が可能。


下の2つはもっと嚙み砕くと、管理体制が厳しくなるおかげで、進捗状況を細かく管理されることで次から次へと
新しい依頼が舞い込んできて逆に忙しいということですかね。



不動産屋の私がご提案できることは、最初に挙げた「手狭だから仕事に打ち込める環境がない」という部分です。


最近の新築住宅には、在宅ワーク用の3帖ほどの部屋が確保されている物件も珍しくありません。
中古物件でもリノベーション済の物件がたくさんあるので、オススメ物件は結構あります。


また現在は住宅ローンの金利がこれ以上ないほど低くなっているため、お家を購入するというのも1つの手だと思います。


余談ですが、川越市や坂戸市で新築戸建の現地販売会をしていると、都心部らへんに住んでいる方が見学に来られることが
多くなってきました。理由を聞くと皆様「在宅ワークに徐々に移行するため、都心部に住むよりここら辺で家を見た方が、
土地も広くて価格も安いから検討してる」と仰っています。


確かに都心部へのアクセスは劣りますが、土地の広さや相場は我らが地元の坂戸市周辺の方がお得だと思います。
お悩みの方は是非、ご相談下さい!


もちろん今住んでいるお部屋からもう少し広い賃貸物件に引っ越したいという方もお手伝い可能ですので、
お気軽にお申し付け下さい!!
Icon of aiwaboss
【お家が一番】
昨年来からのコロナの影響で自宅で過ごす時間が増えてきていると思います。
ボクはもともと家が好き(引きこもり?)なので休日もほぼ自宅待機の人間ですが、
いままで外出が多かった人も今はプライベートどころか在宅ワークで日中も自宅で過ごす時間が増えたのではないでしょうか?
その影響なのかもしれませんが、いまはマンションよりも一戸建てというお客様が増えてきました。
確かにマンションよりも一戸建ての方が「密」にはなりにくいですよね。
ボクに家なんか妻と二人で4LDKですから「密」というより「過疎」状態ですよ。
もっともニャンズが6人いますのであまり過疎感はありませんが人間同士の接触(ボクと妻)はほぼありません(笑)
最近の建売もそんな社会状況を反映してかちょっとしたサービスルームが間取りが多くなってきました。
昔でいう所の「書斎」って感じのスペースですかね。まぁ「プチ書斎」ですね。
趣味部屋や在宅ワーク時のビジネススペースに使えるようなサービスルームがある建売住宅が増えてきましたね。
とはいえ賃貸の一戸建てというと数も少なく家賃も高いですよね。
弊社メインエリアの川越や坂戸・鶴ヶ島エリアだと家賃と同等かそれ以下で一戸建て物件が買えてるので、
ここは一戸建ての新居購入を検討してみませんか?
愛和住販では快適に生活できる一戸建て物件を取り揃えていますので是非一度ご相談くださいね。
なんといっても「お家が一番」ですよ。
Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販店長のKAZです。


今週初めの寒波で雪化粧された富士山がニュースになっていましたが、あっという間に雪が少なくなってしまったようで。


というのも、来週は会社行事的なことで富士宮市にお邪魔する予定になっているのですが・・・雪化粧の富士山はお預けとなりそうです。


平年より少雨となっているのが原因なようで、静岡県内では取水制限が開始している自治体も。


コロナの猛威が日々増しているところに天災地変・・・今年の日本、いや世界はどうなる事やら心配です。


世界激動の年がすでに始まっていると思うと・・・。


映画「ディープインパクト」でも観ようかな(笑)。



ではでは
NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


先日Yahoo!ニュースを見ていましたら下記リンク(見れなかったらすみません)の記事がありました。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1d6171...


都内の不動産業界に精通している?と言われているブロガーの対談なのですが、
要は「二極化がすごい」ということです。


売れていないエリアと売れているエリアが顕著で、価格帯も高額帯の方が売れているとのこと。
そして転勤なども少なくなった影響で、売りに出ている物件数も少なくなってきているといった内容でした。


弊社の所在地である埼玉県で考えても、「二極化」は徐々に出てきていると感じています。
また新築戸建てを建設する会社にいる知人の方々も「仕入れる土地が減っている」と口を揃えて仰っています。


ヤフーニュースは東京都の話でしたが、隣接する埼玉県でも多かれ少なかれあるのではないでしょうか?
埼玉県の不動産相場や市場は東京都の影響を受けますので、今回のコロナ禍でも同じことが起きています。


弊社も高級物件の取り扱いというよりは、標準的な不動産の取り扱いがメインとなっておりますが、
こんなご時世でもお問い合わせやご来店下さるお客様には感謝し、一生懸命ご提案をさせて頂こうと
日々奮闘中です。


そんな一生懸命な愛和住販も今後とも宜しくお願い致します!(笑)
Icon of aiwaboss
【埼玉県の話①】
今日は不動産とは直接関係ありませんが、埼玉県の不動産会社の社長としては【埼玉県】をアピールしたいので埼玉県の話をします。
因みにボクは埼玉生まれの埼玉育ちの生粋の埼玉っ子です。
今回は一番最初なのでまずは「埼玉県」という名前の由来を書きます。
「だ埼玉」と呼ばれだしたのはボクが10代の頃からですからもう慣れましたが「埼玉県」という名前の由来は「さきたま古墳」から来ています。
行田市に「さきたま古墳公園」という公園があってそこには「埼玉県名発祥之碑」があります。
7世紀ころの埼玉には「知知夫」(チチブ)と「无邪志」(ムサシ)という国があったそうで8世紀になって埼玉の前身となる名称が使われだすみたいです。
「万葉集」にも「佐吉多萬」「前玉」という記述があり「サキタマ」と読んだそうです。
それから時が過ぎ明治4年に埼玉県が誕生しましたが当時は現在の県域に多くの県があって統廃合を繰り返していました。
まず今の群馬県高崎市あたりの岩鼻県が誕生して埼玉県域の管轄しました。
それから大宮県(その後すぐに浦和県に改称)・川越県など誕生しましたが全て廃止され、岩槻に県庁を置く埼玉県と川越に県庁を置く入間県が作られました。
入間県は群馬県(現在の群馬県とは別物)が合併して熊谷県になり明治9年に前述の埼玉県と熊谷県が合併してようやく今の埼玉県になったというわけです。
その時に県庁が岩槻から浦和に移ったのですが「埼玉」が県名として残ったそうです。
いまでこそ「だ埼玉」などと言われていますが「埼玉県」という県名は伝統ある素晴らしい県名なんですよ。(`・∀・´)エッヘン!!
そんな埼玉の不動産物件の売買や賃貸の事は、埼玉っ子しかいない愛和住販へぜひご相談くださいね。
NO IMAGE
ご覧頂きましてありがとうございます。愛和住販スタッフです。


坂戸周辺では1月23日、1月24日は雪の予報となっています。
今のところ、大雪予報ではありませんが注意するに越したことはありませんね。


雪が原因で壊れてしまうことがある家の設備として「給湯器」が挙げられます。
カーポートも積雪具合によっては倒壊するおそれがあるので、心配な方はお車をどかしておいた方が
良いですね。


朝起きた時などに、外を見て雪が大したことなくても、ご自宅周りは1周は確認した方が良いです。
また、「お湯が出ない」ということもあります。凍結している恐れがあるので慌てずに取扱説明書などで、
お湯が出ない場合の対処法を実行しましょう。


また、給湯器の故障については加入している火災保険の内容によって、保険適用になることもありますので、
給湯器が壊れている場合には、保険内容を確認することで出費を抑えることができます。


どちらにしても今日明日、大して雪が降らないでほしいですね。
出勤が大変なので・・・( ;∀;)





Icon of aiwatentyou
こんにちは。愛和住販のKAZです。


今日の午後は鳩山ニュータウンでチラシの投函をしてきました。


知っているようで知らなかった鳩山ニュータウン。


長時間歩いていると色々な発見があります。


20210125153808-aiwatentyou.jpg 202101251538081-aiwatentyou.jpg 202101251538082-aiwatentyou.jpg 202101251538083-aiwatentyou.jpg


こんなに素敵なお散歩コースがあるとは。


車でグルグルと回ってたら絶対にわからない場所ですね。


チラシ配って、運動にもなって、景色見て・・・良き!


あぁ足が痛い(泣)。


ではでは




NO IMAGE
愛和住販スタッフです。


早いもので、2021年が始まってからもうすぐ1ヶ月が経ちますね。


私も年末から動いていた案件のお引渡しが2月に数件あるため、
なんだかんだとやっていたら1月が終わってしまいました。


土日祝日は現地販売会も引き続き開催しております!


「川越市小室」「東松山市沢口町」「坂戸市にっさい」でそれぞれ
開催していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


本HPの「おすすめ物件」にも表示してあります。


特に、「川越市小室」の残り2棟は価格も当初より
500万円以上値下げとなっておりますのでいつ売れてしまってもおかしくない状況です。


不動産屋に連絡するのって抵抗あると思いますが、
少しでも気になってる場合は是非、弊社にお問い合わせ下さい。


3月~4月完成予定の物件もゾクゾクと情報が入ってきていますので、
是非こちらもご相談下さいね!!

■愛和住販公式ブログについて。

本ブログは㈱愛和住販の公式ブログですが、あまり堅苦しい話は「無し」です。愛和住販社長以下スタッフが、不動産に関係のある話から地域やイベント趣味などなど自由に書いているブログです。このブログを読んで弊社や弊社スタッフの「雰囲気」や「人となり」を少しでも感じてくれれば幸いです。

編集

■全文検索:

■ハッシュタグ:

■日付検索:

■最近の投稿:

■カレンダー:

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
最終更新日時:
2021年12月02日(木) 14時20分44秒